宮沢賢治のお話って結構闇深いの多いよな

1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:42:16 ID:h00
まだマシなのは何の作品や?
スポンサーリンク
2: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:43:28 ID:n8E
目にて云ふすこ
全然マシではないけど

 

5: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:45:30 ID:h00
>>2
だめでしょう
止まりませんな
がぶがぶ湧いているですからな
夕べから眠らず
血も出続けなもんですから
血が出ているに(も)かかわらず
こんなにのんきで
苦しくないのは
魂魄(が)半ば体を
離れたのですかな
ただどうも血のために
それを言えないがひどいです
あなたの方から見たら
ずいぶん惨憺たる景色でしょうが
わたくしから見えるのは
やっぱりきれいな青空と
透き通った風ばかりです。
怖いやつやん…

 

6: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:46:55 ID:n8E
>>5
傍から見たらすごいありさまなのに本人はすごく穏やかな気持ちだっていうのがなんとなく好きなんや

 

15: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:49:24 ID:h00
>>6
けどなんか宮沢賢治にしてはまだ『うわっ…怖っ』
ってなる作品やな他のやつは『な…何これどういうことや…』ってなるのが多いし

 

18: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:50:34 ID:n8E
>>15
せやな
やまなしとか意味わかんなすぎて草

 

3: 2018/11/04(日)19:44:14 ID:cD4
なお小学校の教科書に載ってる模様

 

4: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:45:14 ID:LwX
猫の事務所

 

7: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:47:19 ID:n8E
×なんとなく
○なんとも言えず

 

8: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:47:27 ID:EDQ
蜘蛛となめくじと狸すこ

 

19: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:50:42 ID:h00
>>8
ワイもすこ

 

9: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:47:43 ID:MqF
やまなしめちゃすこ

 

11: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:48:25 ID:2Kz
注文の多いレストランってミヤケン?

 

13: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:49:05 ID:uXN
>>11
せやで

 

12: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:48:50 ID:wQb
人一倍真っ直ぐで真面目な上にドシスコンな為にメンヘラになったイメージ

 

16: 名無し 2018/11/04(日)19:49:43 ID:pS1
なんか基本的にハッピーエンドな話が無い印象

 

17: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:49:57 ID:wQb
夜だか とかいう胸糞

 

24: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:52:51 ID:7W3
>>17
よだかの星、やな
あれは読み返すの辛い…
でも実際のよだかって鳥も見るといたたまれなくなるで

 

20: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:50:57 ID:MGB
本人もけっこう闇深いからな

 

22: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:52:25 ID:wQb
>>20
父→宮沢賢治本人と度々衝突
妹→夭折
勤め先→実家の手伝いで勉強どころやない人ばかり
あとなんや

 

21: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:51:55 ID:MqF
クラムボンとか急に殺されてるもんな

 

29: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:53:35 ID:Twt
おや〔一字不明〕、川へはいっちゃいけないったら。

 

34: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:55:47 ID:h00
>>29
未だにわからないもよう

 

30: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:54:14 ID:4oe
よだかの星すこ

 

スポンサーリンク

35: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:56:08 ID:wQb
宮沢賢治「日蓮宗入るンゴwww」
宮沢賢治パッパ「お前はとうとう頭がおかしくなったんか」

 

37: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:56:42 ID:wQb
編集者「クラムボンってなんですか?」
宮沢賢治「なんでしょうね?」

 

39: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)19:58:03 ID:wkv
文豪なんてみんな大なり小なり闇深ちゃうんか?

 

47: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:03:38 ID:wkv
芥川の「トロッコ」は晩年の苦しみが反映されているように感じて綺麗だけど怖い

 

48: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:04:11 ID:b1Q
「どんなドングリが一番えらいか?」で議論しているドングリたちに向かって、
主人公が「一番ダメな奴がドングリでいちばんえらい奴でいい」
って結論出したのなんて作品だっけ?

 

56: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:10:17 ID:2km
>>48
どんぐりと山猫?

 

58: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:10:42 ID:b1Q
>>56
そうそうそれそれ! ありがとう!

 

55: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:09:41 ID:b1Q
雨にも負けず、(中略)丈夫な体を持ち←いいね
欲は無く、決して怒らず、いつも笑っている←悪くない
みんなにデクノボーと呼ばれ、褒められもせず、苦にもされず←ちょっとつらそう

 

59: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:11:12 ID:7W3
アメニモマケズ、は軍国主義下の滅私奉公精神を植え付けるにはうってつけのツールだったから喧伝された

 

60: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:11:13 ID:VC3
賢治作品は全部闇深やろ

 

61: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:12:09 ID:3Kx
猫の事務所は絵本でよう読んだわ

 

63: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:13:07 ID:7W3
>>61
弁当箱の中にネズミの死骸が入ってる描写思い出した
まあ猫の飯だから当然なんだけど

 

73: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:19:00 ID:3Kx
>>63
ほんなんあったっけ…絵描いた人別の本かも知れんけど

 

75: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:19:31 ID:7W3
>>73
いろいろ絵本出てるからね

 

64: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:13:22 ID:VC3
オツベルの川が云々も闇深

 

66: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:14:10 ID:7tA
グスコーブドリの伝記が好き
アニメはちょっと合わなかった

 

67: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:14:48 ID:MGB
書簡がすごかったらしいけどな
国柱会絡みの人たちに「しっかりやりませう!やりませう!やりませう!」
みたいな完全にイっっちゃってる手紙送ってたとか

 

69: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:15:23 ID:h00
>>67
働きすぎたんやろな…

 

72: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:17:27 ID:MGB
>>69
まぁ身も世もなく心酔してたのはたしか
本人に活動家としてカリスマやら権力やらなかっただけに無害やけど
本質は強烈な全体主義者やったと思うよ

 

68: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:15:20 ID:2km
セロ弾きのゴーシュは子供の頃よく読んでたな

 

71: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:16:24 ID:h00
>>68
これは割と闇深ではないかもな

 

スポンサーリンク
76: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:24:00 ID:b1Q
小学生の頃ワイ不登校だったんよ、
んで「ひかり賢治の学校」っていう山口県のフリースクールに
見学に行ったの思い出したわ。
知ってる山口県民おる?

 

82: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:33:33 ID:XkH
いちょうの実

 

83: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:36:19 ID:h00
>>82
子供の気持ちや親の気持ちなどを考えさせる話ンゴ

 

85: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)20:41:44 ID:b1Q
シンゴジラの冒頭でも宮沢賢治の詩集が小道具として出てるらしいが、
なぜそこに引用したのかはよくわからん。
同じところにあった折り鶴は伏線として回収されたけど。

 

100: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)21:02:26 ID:Gcn
グスコーブドリの伝記って、誘拐犯にさらわれて
その後学者に弟子入りして一人前になり
生き別れた妹とも再会した辺りで
火山を人工的に噴火させる作戦に志願して死ぬやつやったっけ?

 

104: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)21:10:14 ID:h00
>>100
そんな感じやで

 

101: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)21:04:38 ID:Gcn
なんかこうしてかくと野球民AAみたいな人生やな、グスコーブドリ

 

102: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)21:05:40 ID:b1Q
読んだこと無かったけど、そんな話だったのか

 

103: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)21:07:06 ID:Gcn
>>102
そんな感じやで
火山を噴火させる理由も冷夏をなんとかするためなんやで
この辺は肥料の販売してた東北人らしい感性やと思うで

 

105: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)21:13:16 ID:Gcn
春と修羅とかいう無駄にカッコいい詩集

 

106: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)21:13:46 ID:b1Q
俺は一人の修羅なのだ・・・

 

111: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)21:29:37 ID:AzX
そんなノリだと泉鏡花が兎にされる日も遠くなさそうやな

 

115: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)21:35:45 ID:zux
グスコーブドリの伝記は誘拐された妹が無理やり嫁がされたわけじゃなくて良かったわ

 

118: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)21:47:45 ID:VlQ
毒もみのすきな署長さん

 

121: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)21:56:34 ID:2km
>>118
地獄でも毒もみやる宣言する署長は犯罪者の鑑

 

119: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)21:48:43 ID:b1Q
セロ弾きのゴーシュのアニメって高畑勲が監督だったんだな。
どおりでジブリっぽいと思った。

 

124: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)22:01:18 ID:elh
イーハトーヴは岩手という設定

 

125: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)22:03:10 ID:HXd
おまえの家の前でちゃんと死んでいてやるから
というホラー

 

126: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)22:06:06 ID:2km
>>125
なめとこ山の熊だっけか

 

127: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)22:08:25 ID:HXd
>>126
せや

 

129: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)22:12:15 ID:b1Q
猫の事務所とかいう風刺みたいな話

 

132: 名無しさん@おーぷん 2018/11/04(日)22:54:42 ID:AzX
>>129
教員時代の体験を元にしたとかしないとか

 

引用元: 宮沢賢治のお話って結構闇深いの多いよな

コメント