スポンサーリンク

【悲報】元寇の頃に日本に送られた蒙古の使者の末路・・

2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:19:01 ID:KZ1
9回目と11回目の使者はフビライに殺されたけどな
スポンサーリンク
44: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)10:52:03 ID:j8L
>>2
それは初耳やわ
10回目の船員も巻き添え恐れたんかもしらんけど、
皇帝の使者を殺害したら当時だと死罪になりそうやな

 

3: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:19:47 ID:mw7
わりと生きてて意外だった
日本もそんなに野蛮人じゃなかった

 

45: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)11:12:52 ID:j8L
>>3
何度もくる使者に対して全くリアクションせえへんかったと思っとったけど、
何度も朝廷とも議論したり、半島の高麗で偵察しとったり、
5回目の使者の時に日本からも偵察の使者出しとったり、
割と事前に情報収集も対策考えたりもしとるんやな
朝廷の出そうとした返書の内容がぶっ飛んでて
返書しないのとこれ出すのどっちが不味かったのか謎やけど

 

4: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:20:41 ID:zBB
はえーてっきり全部殺されてたと思ったわ

 

5: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:21:09 ID:p61
>>4
ワイもこれ
全員殺されたのかと

 

6: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:22:43 ID:mw7
あの処刑前に漢詩を残したイケメンの印象が強すぎて
それに比べて倭猿ヤバン過ぎって感じになるんだな

 

17: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:38:48 ID:sJ6
>>6
大河でイケメンが演じとったの覚えとるわ
原作の小説でも日本からも実家(時輔が手紙届けた)の従僕からも褒められとったな

 

7: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:23:11 ID:F5S
いくら当時でも使者を殺すにはまずいって風潮があったんちゃう

 

8: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:24:25 ID:cqY
>>7
まあ当時世界最大の国やしな

 

9: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:24:38 ID:Mqu
シシャだけに生きては帰れません

 

10: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:24:59 ID:5OT
なんで殺したのバレたんや?
全員帰さなかったら行方不明で済むんちゃうんか?

 

11: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:26:03 ID:LHc
ワイ執権
外圧には断固屈しない

 

12: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:26:33 ID:L08
「捕虜を盾にしたろ!これであいつら矢を射れんやろなぁ…ファッ!?」
「博多略奪して物資補給したろ!…ファッ!?」
これは蛮族ですわ

 

13: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:35:48 ID:p61
>>12
「大将っぽい奴の首取ったンゴ!掲げれば戦意喪失やろなぁ…ファッ!?」

 

14: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:37:44 ID:lhc
鎌倉武士とかいうぐうの音も出ない蛮族集団

 

15: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:38:16 ID:SNm
鎌倉武士云々より元軍の戦闘力低すぎない?

 

16: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)21:38:37 ID:SNm
>>15
戦闘力というか戦意か

 

26: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)01:43:40 ID:6iX
>>16
弘安の役の時なんか軍議まとまんからて
味方を日本に棄てて帰った人おったなあ
ばれた後に処刑されたんやけど

 

21: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)23:23:35 ID:Bnt
文永の役後→処刑
弘安の役後→生かすが帰さず日本に留める
どっちも戦後の使者なのにこの違いは一体……
片方は僧侶だからとしても、もう片方はどうして切られなかったんだ
4回目の使者だった時に対馬の島民を送り帰してるからか?

 

23: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)00:57:24 ID:Hqh
まあ元て騎馬が主だし日本に来たの正規軍じゃないしな
ほとんど朝鮮で降伏したのが保身のためにした戦争だし

 

24: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)01:05:34 ID:6iX
>>23
元って従属した国の人が戦いに参加するものちゃう?
南宋の人も弘安の役では参加しとったし、
戦争に限らず政治でも漢人はよく登用されとったし
同じ大陸の騎馬民族で他国征服して広がった女真族の金でもそうやったし、
少数の騎馬民族が広大な領土と人を征服したら
どうしてもそうなるんやろか

 

スポンサーリンク

27: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)02:08:36 ID:uDu
その頃から蒙古ってあったんか
なんか第二次世界大戦でも目撃したような気がするんやが

 

28: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)02:12:38 ID:cnA
>>27
第二次大戦でも目撃したて27はいくつや…?
そら蒙古は元寇のもっと前からあるで
チンギスハーン有名やろ

 

31: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)04:22:17 ID:MvC
一方頼朝は鮭旨い旨いなのだった

 

34: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:09:37 ID:OnH
ワイのバッバも満州で列車に乗ってたとき見たことあるって言うてたで

 

35: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:12:13 ID:hsU
日本に攻めてきたやつらの大半は元に認められたいのと自分らより下の身分の民族が欲しくて参加した高麗人やしな
ついでに日本攻めようぜってフビライに具申したのも高麗人

 

41: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:25:41 ID:JfV
>>35
あいつら変わらんな

 

36: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:14:43 ID:jOK
秀吉の唐入りの時の李氏朝鮮と同じく使者送られた当事者にとっては
「は?何言ってるんや、コイツ」
みたいな内容やったし、扱いが厳しくなっていったのはしゃーない

 

37: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:16:19 ID:8Ns
蒙古軍の鎌倉武士のイメージほんますこ

 

38: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:16:34 ID:N1Q
蒙古弁w

 

39: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:17:34 ID:8Ns
1(中) 壱岐対馬は最初から見殺して相手の戦法を見極めてた
2(二) 既に出兵5か月前に出兵の時期を想定し鎌倉武士団を大宰府に展開してた
3(一) 相手が人質を楯にして攻めてきても関係なく矢を射かけまくってた
4(三) 2度目は30キロの防塁を沿岸に、20キロの空堀を博多の南に、10キロの水堀を大宰府に築いていた
5(遊) 博多が略奪されてるのは目に見えてるので、敵が来る三日前に博多を略奪しつくしてた(鎌倉武士団が)
6(右) 2度目の時はモンゴルに倣って人質を楯にして攻撃してた
7(左) てつはうにあんまり動じずそのまんま徒歩で戦ってた
8(捕) 2度目の時は夜襲しまくって眠らせなかっただけじゃなく相手の船に牛馬の腐乱死体を積極的に投げ入れてた
9(投) 元軍が壊滅した後、取り残された元軍の内、宋人は助命したが高麗人、モンゴル人は負傷者も女性も含めて皆殺しにしてた

 

60: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)21:08:54 ID:oDl
>>39
8番の蛮族っぷりは何やねん

 

62: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)21:12:48 ID:oWJ
>>60
死体投げ込むってのは外国の戦争の本でも見た気がするわ
どっかでは人間のをて記述も見たような……

 

63: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)21:15:14 ID:oDl
>>62
投石機使うならわかるけど
武士絶対人力で投げ込んでるやろ

 

69: 名無しさん@おーぷん 2018/10/22(月)18:19:35 ID:WU3
>>63
鎧来てるのにその上牛馬持ち上げるとかそんなまさか…
まさかだよな?

 

40: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:22:34 ID:Bdl
指揮官が有能だったのかな
北条氏?

 

48: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)17:03:30 ID:AKW
>>40
当時の執権は時宗やけど、戦場には出てへんな

 

42: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)06:26:36 ID:jOK
いきなり戦争吹っ掛けずに何度も使者を送ってるあたり、モンゴルさんサイドも脅せば戦争せずに日本が屈すると思ってたんやろな
その度重なる使者が日本の危機感煽って対策を促したのは皮肉やけど

 

43: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)08:13:09 ID:3km
>>42
時宗は2回目の使者(日本にとっては最初)が着た後にはもう
蒙古が我が国を狙ってるから気を付けろ!って警告発してたんだっけ
二度攻め込まれても折れず対抗姿勢貫いたことといい、
まだ若かったのにすごい気概だったんだな北条時宗って

 

スポンサーリンク
49: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)17:45:56 ID:REo
6回目まで全員生還しとるのに、日本が処刑したってデマが蔓延しとるのはなんで?

 

50: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)17:51:29 ID:REo
元寇の前に使者を処刑したってデマ、やった
元寇の前に来たのってこの生きて帰った6回だけやろ?

 

52: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)19:40:50 ID:Hqh
海て緩衝地帯て大きいわね
当時の船で横断するのに対馬に一旦渡らんとならんしいっぺんに軍隊送るの難しい

 

67: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)23:11:46 ID:C4f
>>52
使者も対馬通って止められたりしとったしなあ
けどまだ敵対してへんのに対馬が使者を拒んだのはどうしてなんやろ

 

53: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)19:45:22 ID:K8B
対馬で時間とられてたらその間に本土にも伝わるわなあ
島っても一気に全滅させられるわけないし
対馬か壱岐からは逃げて知らせた人もおったよな
九州の戦で戦死だか自害だかしたらしいけど

 

55: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)20:10:32 ID:mLF
仮に時宗が従属選択したとしても
朝廷かて返書の草案の内容見れば到底受け入れないやろし
武家の府が戦わずして従うとかふざけんなって
全国の武士から反発されて内乱になりそう

 

58: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)20:54:19 ID:Hqh
馬て環境の影響受けやすいから運ぶの苦労するんよ
一回目の時運んだし九州に上陸もしてたけど日本側にも大量にいるとは知らなかったらしい
反撃を日本側の騎馬隊に食らって撤退してる

 

59: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)20:58:36 ID:oWJ
>>58
6度目の使者の趙さん報告しとらんかったんかな
大宰府から先に進ませてもらえんかったみたいやから
その辺りまでしか知らんやろけど
それとも警戒して見せなかったんやろか

 

66: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)21:32:59 ID:oWJ
ちなみに少弐景資は蒙古襲来絵巻にも描かれてる
結構イケメンおっさんにw

 

72: 名無しさん@おーぷん 2018/10/22(月)21:41:37 ID:bAy
正直モンゴル帝国は元寇の頃より、西方遠征軍のあたりの方がめっちゃ面白いと思うんやけどな
日本来たのって、所詮モンゴルにとっちゃ局地戦やし

 

73: 名無しさん@おーぷん 2018/10/22(月)21:47:09 ID:ond
ヨーロッパまで遠征してポーランドとかドイツ騎士団とかとバトってたやつか?
あっちも騎兵やのになんで負けとったんやろなあ

 

76: 名無しさん@おーぷん 2018/10/22(月)21:51:34 ID:TO0
>>73
地形がデカイやろな
平地じゃ弓を使えるモンゴル騎兵には騎士じゃ勝てない

 

74: 名無しさん@おーぷん 2018/10/22(月)21:48:05 ID:TO0
偶に元軍がモンゴル騎兵が少ないから弱いみたいに言うとるやつおるけど倒した国の兵士を主に使うのはモンゴルの基本戦術やで

 

77: 名無しさん@おーぷん 2018/10/22(月)21:52:17 ID:ond
>>74
てか当時の元で、生粋のモンゴル騎兵ってどれくらいおったんやろ
もう金とか高麗とか、弘安の役では南宋とかめっちゃ併合しとるし、
兵も民もそっちの方が大きくなりそうやな

 

80: 名無しさん@おーぷん 2018/10/22(月)21:57:54 ID:bAy
>>77
宋人と高麗人がほとんどちゃう?
モンゴル人は指導部だけやろ
確か、日本は宋だけは助けて後は皆殺しにしたらしいけど

 

85: 名無しさん@おーぷん 2018/10/22(月)22:23:49 ID:bAy
そもそも、距離的にも、権力的にも、国境の博多から大宰府までが遠過ぎる気がするな
内通者作るには
そりゃ、博多とかにはある程度はいたかもしれんけど、前線の事しか分からんやろ

 

86: 名無しさん@おーぷん 2018/10/22(月)22:31:02 ID:ond
使者を大宰府に留めたのが無礼だって非難する声もあるけど、
やっぱり情報の漏えいや工作を防ぐには有効だったんやろなあ
せっかくの島国アドバンテージやし

 

87: 名無しさん@おーぷん 2018/10/23(火)03:21:23 ID:g9a
今読むと小説の時宗(大河の原作)ってそういう
情報面での攻防にも焦点を当ててんのやな

 

引用元: 【悲報】元寇の頃に日本に送られた蒙古の使者の末路……

コメント